交通事故の慰謝料の相場

慰謝料の種類

 慰謝料には大きく次の3種類があります。

  • 入通院慰謝料(傷害慰謝料)
  • 後遺障害慰謝料(後遺症慰謝料)
  • 死亡慰謝料

です。

入通院慰謝料(傷害慰謝料)

 入通院慰謝料(傷害慰謝料)は、外傷の苦痛や入院や通院に対する慰謝料です。

後遺障害慰謝料(後遺症慰謝料)

 後遺障害慰謝料(後遺症慰謝料)は、後遺障害(後遺症)が残った場合の後遺障害(後遺症)についての慰謝料です。

死亡慰謝料

 死亡慰謝料は、被害者が死亡したことに対する慰謝料です。死亡慰謝料はさらに死亡した被害者本人の慰謝料と、遺族の方にも固有に認められる慰謝料があります。

 これら3つの慰謝料(入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料)は、それぞれで相場が異なりますので、このページでは順に、それぞれの慰謝料の相場を確認していきます。

慰謝料計算の前提となる3つの基準

 交通事故の慰謝料という同じ費目でも3つの基準があり、それぞれの基準で慰謝料が計算されることがあります。3つの基準というのは、①自賠責保険基準、②任意保険基準、③裁判基準(弁護士基準)と呼ばれるものです。 ここで簡単にそれぞれの基準についてご説明します。 

裁判基準(弁護士基準)

 まず交通事故被害者にとって最も有利裁判基準からご説明します。裁判基準は弁護士基準とも呼ばれるもので、この基準で計算をすると最も高額な慰謝料となります。弁護士が交渉するとほとんどのケースでこの基準によって交渉をすすめることができます。

自賠責保険基準

 一方で、最も低い金額となるのが自賠責保険基準と呼ばれる基準です。法律で定められた最低限度の補償である自賠責保険の基準です。実は交通事故被害の多くのケースで、加害者側保険会社から被害者に提示されるのはこの低額な自賠責保険基準による慰謝料に少し上乗せした程度の金額です。

任意保険基準

 任意保険基準は、任意保険会社が独自に決めている基準です。法律の定めた最低限の補償である自賠責基準よりは高い金額となりますが、裁判基準(弁護士基準)と比べると、やはりこれも低額な基準となっています。

交通事故被害者は、裁判基準で交渉すべき

 これに対し裁判基準(弁護士基準)は過去の裁判をもとに算出された金額で、端的にいうと裁判で勝訴判決が出た際に被害者が獲得できる金額の目安です。裁判をしたら獲得できるものといわれると特別で難しい気がしてしまうかもしれませんが、そうではありません。これが被害者が本来受け取るべき正当な賠償額なのです。いまの交通事故賠償では、弁護士に依頼することで、初めてこの基準での交渉が可能となる場合が非常に多いのが現実です。

入通院慰謝料(傷害慰謝料)の相場

自賠責保険基準

 自賠責保険基準での入通院慰謝料(傷害慰謝料)は、日額4200円に、治療期間の日数、または通院日数×2のいずれか少ない方の日数かけて計算します。ただし、自賠責保険では、入通院慰謝料治療費休業損害等を含めた金額が総額120万円を限度とします。そのため、例えば治療費が高額になれば総額120万円の枠を圧迫して計算通りの入通院慰謝料が出ないことも考えられます。

裁判基準(弁護士基準)

通常の場合

 裁判基準(弁護士基準)での入通院慰謝料(傷害慰謝料)の相場は、通常のケースでは基本的に入通院期間により下表をもとに計算されます(単位:万円)。

入院1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月13月14月15月
通院53101145184217244266284297306314321328334340
1月2877122162199228252274191303311318325332336342
2月5298139177210236260281297308315322329334338344
3月73115154188218244267287302312319326331336340346
4月90130165196226251273292306316323328333338342348
5月105141173204233257278296310320325330335340344350
6月116149181211239262282300314322327332337342346
7月124157188217244266286304316324329334339344
8月139170199226252252274292308320328333338
9月139170199226252274292308320328333338
10月145175203230256276294310322330335
11月150179207234258278296312324332
12月154183211236260280298314326
13月158187213232262282300316
14月162189215240264284302
15月164191217242266288

「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」 (日弁連交通事故センター東京支部編) 別表Ⅰ

 例えば、交通事故で骨折して2ヶ月入院してその後3ヶ月通院をした場合は、上表から入院2ヶ月と通院3ヶ月がクロスする部分を参照して入通院慰謝料(傷害慰謝料)は154万円と計算されます。

むちうちで他覚症状がない場合 など

 ただし、むちうちで他覚症状のない場合などは、下表によることになります(単位:万円)。

入院1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月13月14月15月
通院356692116135152165176186195204211218223228
1月195283106128145160171182190199206212219224229
2月366997118138153166177186194201207213220225230
3月5383109128146159172181190196202208214221226231
4月6795119136152165176185192197203209215222227232
5月79105127142158169180187193198204210216223228233
6月89113133148162173182188194199205211217224229
7月97119139152166175183189195200206212218225
8月103125143156168176184190196201207213219
9月109129147158169177185191197202208214
10月113133149159170178186192198203209
11月117135150160171179187193199204
12月119136151161172180188194200
13月120137152162173181189195
14月121138153163174182190
15月122139154164175183

「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」 (日弁連交通事故センター東京支部編) 別表Ⅱ

※ 上記計算は、事故と治療との医療上の必要性が認められることが前提となった計算です。

後遺障害慰謝料(後遺症慰謝料)の相場

後遺障害慰謝料(後遺症慰謝料)の相場

 後遺障害慰謝料(後遺症慰謝料)の相場についてご説明します。

 3つの基準のいずれでも、後遺障害の等級に応じて慰謝料の基準が定められています。金額の違いがわかりやすいように自賠責保険基準と裁判基準(弁護士基準)を表にしますと、下のようになります。

 自賠責保険基準裁判基準
第1級1,100万円2,800万円
第2級958万円2,370万円
第3級829万円1,990万円
第4級712万円1,670万円
第5級599万円1,400万円
第6級498万円1,180万円
第7級409万円1,000万円
第8級324万円830万円
第9級245万円690万円
第10級187万円550万円
第11級135万円420万円
第12級93万円290万円
第13級57万円180万円
第14級32万円110万円

例えばむち打ちで14級を獲得している被害者の方の場合

 ご自身で保険会社と交渉した場合、上記の表から言って、受け取れる後遺障害慰謝料は32万円か、よくて任意保険基準の40万円程度ということになります。

 ここで、弁護士に依頼すると110万円での交渉が可能となります。この時点で慰謝料の獲得額が約3.4倍になっています

 さらに、むち打ちでも他覚的所見があるなど医学的に証明できる場合には12級が認められることとなりますが、場合によって証明に必要な検査が不足しているなどの理由で他覚的所見が見逃され、14級となってしまっている場合があります。そのような場合は、例えば当事務所の弁護士が適切なアドバイスをさせて頂くことで、後遺障害等級が14級から12級に上がる場合が実際にあります。

 その場合、さらに交渉なども弁護士にご依頼頂いていれば12級の慰謝料が弁護士基準でもらえることになります。そうすると実にその額290万円と、初めの32万円に比べると10倍近くにもなり得ます。

死亡慰謝料の相場

死亡慰謝料には2つあります。

被害者本人の死亡慰謝料

 即死の場合でも、死亡した被害者本人は精神的損害を受けたと考えられ、その慰謝料の請求権が遺族に相続されます。

遺族に固有の慰謝料

 交通事故で死亡した被害者本人の慰謝料請求権以外に、被害者の遺族にも固有の慰謝料が認められます。

自賠責保険基準

被害者本人

 350万円

遺族(請求権者は被害者の父母、配偶者および子)

請求者が1名の場合:550万円

2人の場合:650万円

3人以上の場合:750万円
※ 被害者に被扶養者がいる場合は200万円を加算

裁判基準(弁護士基準)

被害者が一家の支柱である場合2800万円
被害者が母親・配偶者である場合2500万円
その他の場合2000万円~2500万円