慰謝料とは

慰謝料とは

 慰謝料とは、精神的な損害に対して支払われる賠償金のことです。交通事故の慰謝料には、入通院慰謝料後遺障害慰謝料死亡慰謝料の3つがあります。慰謝料は損害賠償のうち苦痛などの精神的な損害を補填するものです。裁判などの蓄積により慰謝料にも相場のようなものがあります。詳しくは慰謝料の相場

慰謝料と賠償金、どう違うの?

慰謝料と賠償金

 「慰謝料」は損害賠償における一部分となります。一方「賠償金」もしくは「損害賠償金」は怪我の治療費や入通院に対する慰謝料、後遺障害に対する慰謝料も含みますし、車両の修理代や交通費、休業損害なども含む、広い概念です。

「慰謝料」に含むもの

 慰謝料は交通事故で被害にあったことによる苦痛、精神的な損害を補填するものです。慰謝料を細かく分けると2つあり、症状固定前の入通院に対する入通院慰謝料(傷害慰謝料)と、後遺障害に対する後遺障害慰謝料(後遺症慰謝料)があります。実はよく聞く慰謝料よりも事例によっては積極損害と消極損害の方が大きい、ということもあり得ます。

慰謝料は上がる?

保険会社の提示金額から、2.3倍~3.4倍程度に増額する可能性が高い

交通事故の賠償金に存在する3つの基準

 慰謝料は損害賠償金の一部ですが、交通事故の損害賠償金額には3つの基準があります。最も低額な金額の自賠責基準、最も高額な裁判基準弁護士基準)、そしてその間に位置するけれど自賠責基準に近く、低額な任意保険基準です。

 慰謝料には入通院に対する入通院慰謝料と、後遺障害に対する後遺障害慰謝料があります。どちらにも3つの基準がありますが、より基準による差が顕著なのは後遺障害慰謝料です。後遺障害慰謝料については、保険会社が被害者に対して自賠責基準をベースにした金額の提示をしている場合には、2.3倍~3.4倍程度に増額する可能性が高いです。

より高い後遺障害等級認定が獲得できれば、もっと

 後遺障害慰謝料はその後遺障害の等級によって大きく金額が変わります。後遺障害等級というのは、(実際にはそうとも言い切れない部分もありますが)端的にいうと重症の人ほど重い・高い(後遺障害等級の数字が小さい)等級になりやすいもので、等級が高いほど高額な慰謝料となります。その等級ごとに、さらに3つの基準(自賠責保険基準、任意保険基準、裁判基準(弁護士基準))があるのです。

保険会社はどの基準で慰謝料を支払おうとするか

 ひとつの営利企業である保険会社という立場を考えますと、保険会社としてはできるだけ保険金を払いたくないと思っていることは、親切な対応の保険会社でも共通です。なぜなら、保険会社にとって、契約者等から受け取った保険料は収入となりますが、支払う保険金は支出であり、営利企業として支出を抑えて儲けを出したいと考えるのは、当たり前と言えば当たり前のことなのです。
 被害者ご自身で交渉しても、保険会社はなかなか裁判基準の慰謝料を認めてくれません。自賠責保険基準に少し上乗せしたような金額で支払おうとすることが多いです。

 ただ、弁護士が交渉することにより、最も高い裁判基準(弁護士基準)での支払いを納得してくれることが多いのです。弁護士なら必要であれば粛々と裁判を一つの手続きとして進めます。保険会社もそのことを理解しており、被害者自身の交渉では頑として首を縦に振ってくれなかったにも関わらず、弁護士の交渉で拍子抜けするほどスムーズに裁判基準を踏まえた金額での交渉が可能になるのです。

入院・通院の慰謝料にも3つの基準

 上記後遺障害慰謝料においては特にその差が顕著ですが、3つの基準は入通院慰謝料にもあります。それぞれに計算方法があり、やはり弁護士基準、任意基準の方が、自賠責基準より高くなる傾向にあります。さらに自賠責基準では治療費や休業損害や入通院慰謝料などすべて含めての上限が120万円と定められているため、もしもそれを超えてしまうと自賠責からは支払ってもらえません。

交通事故でけがをすると慰謝料はいくらもらえる?

 入通院慰謝料と後遺障害慰謝料について、交通事故被害者自身で加害者の保険会社と話し合い・交渉をした場合基本的には自賠責保険基準に近い慰謝料の金額が保険会社から提示されることが多いでしょう。一方で、もし弁護士に依頼をして保険会社と示談交渉をした場合には、裁判を視野に入れた交渉となりますので、裁判基準を踏まえた慰謝料の金額で交渉が可能になります。

 そして、具体的にいくらの慰謝料を受け取れるかについては一定の条件を満たすのであれば慰謝料の相場によることとなりますが、事故の状況やお怪我の状態、後遺障害(後遺症)の有無など、お客様の具体的なケースで金額に大きな違いがでる場合があります。無料相談にお越しいただけば弁護士からお客様の具体的なケースでの見込みなどお伝えさせて頂くことができます。ぜひお気軽にご相談ください。

実際に慰謝料が増額した事例

 弁護士法人サリュの解決事例で慰謝料が増額した事例の一部をご紹介します。

ポイント傷病・後遺症慰謝料の増額例
保険会社の被害者への提案額が不当に低かった。サリュが裁判基準で再計算し交渉した 頚椎捻挫 倍額(97万円→211万円)
顔面醜状の逸失利益が争われた。逸失利益に代わり後遺障害慰謝料の増額を主張した 頚椎捻挫、外傷性肩関節炎、腰椎捻挫 顔面醜状 、等 後遺障害等級12級に相当する一般的な金額より大幅に増額
「後遺障害には該当しない」とされたが後遺障害が認められなくても女性が傷跡について辛い思いをしていた自賠責の後遺障害に当たらない部位の醜状裁判の和解案で80万円

加害者の態様によっても慰謝料は増額することがあります

 例えば加害者が悪質な飲酒運転信号無視著しいスピード違反などをしていた場合や、現場で救助活動を行わなかったひき逃げをした、など悪質で不誠実な態度が見られた場合に、慰謝料が増額されることがあります。また、示談交渉の拒否刑事裁判において虚偽の説明をしていたなど様々な理由も、考慮され、増額理由となりえます。

慰謝料のご相談は、無料でお気軽に!

 慰謝料は、その苦しみ、精神的な損害を金額にしたものです。その性質から、これで十分だというものではありませんが、少なくとも正当な補償を受け取るまで一緒に戦わせてください。私たちは交通事故被害者側専門の弁護士として、少しでも交通事故被害者の方々のお役に立ちたいと願っています。当事務所では、交通事故被害者の方に無料相談を行い、交通事故賠償における各種ご説明やアドバイスをさせて頂いております。

 無料相談にいらしたからといって無理に弁護士への依頼をすすめることはけっしてありません。安心してご相談ください。もしその説明を聞いてから弁護士への依頼をご検討されるのであれば、それから弁護士への依頼をご検討ください。