交通事故を弁護士に依頼するということ

交通事故で怪我をした場合、弁護士に依頼すると多くのケースで損害賠償額が増額します。相手側保険会社とのやり取りも任せられて安心です。さらに交通事故に詳しい弁護士に依頼すれば、後遺障害等級認定の際に適正な後遺障害等級を獲得するためのアドバイスがもらえるなどのメリットもあります。

とくに長期間の通院が必要だったり、入院が必要な怪我をした場合や、後遺症が残りそうな怪我をしてしまった場合は、弁護士費用を差し引いても被害者が加害者側から受け取る金額が大きくなる可能性が高まりますので、弁護士に相談した方が良いでしょう。

加害者の保険会社は営利企業ですので、なるべく自社のお金は使いたくない、支払いたくないのです。しかし弁護士を代理人とすると裁判を視野に示談交渉を進めることができ、保険会社も裁判された場合をベースに対応してくれることが多くなります。

交通事故を依頼する弁護士の選び方

交通事故の過去の経験・実績が豊富か

弁護士も医者と同様に得意分野があります。交通事故を依頼する際は交通事故が得意な弁護士に頼むことが重要です。

交通事故に詳しいかどうかは、実績や取扱件数などがホームページ等に掲載されていないか確認すると良いでしょう。ホームページを見るとどのような事件を取扱っているのか、得意分野なども分かる場合が多くあります。過去の解決事例なども掲載されていることが多いです。過去に交通事故の事件をたくさん取り扱っているようであれば交通事故に詳しい可能性は高いです。

弁護士が検査方法に関する医学的知識を兼ね備えているか

検査方法に関する医学的知識を兼ね備えた弁護士であれば理想的です。交通事故で後遺症が残った場合、後遺障害等級の認定を受けるのですが、その際に認定される等級によって、損害賠償の金額は大きく変わってきます。

後遺障害等級認定の申請を行う際、医証が不足している等の理由で本来認定されるべきであった適正な等級が獲得できない場合があります。しかし後遺障害の認定に関する医学的知識が豊富な弁護士が適切なタイミングで適切なアドバイスをしてくれるのであれば、被害者が本来受け取るべき損害賠償を受け取れる可能性を高めてくれるでしょう。

信頼関係を築けそうか

弁護士と信頼関係が築けそうかも大切です。初回の法律相談に行った際などに、弁護士の人柄を見て、信頼関係が構築できそうか考えてみましょう。

弁護士費用が被害者に優しい費用体系になっているか

弁護士費用には法律相談料、着手金、報酬などがあり、特に金額が大きいのは着手金と報酬です。 もし着手金が小さく設定されている、もしくは着手金が無料などの費用体系を採用している場合は、交通事故被害者救済を意識した弁護士である可能性があります。