兵庫県で交通事故に強い弁護士をお探しの方へ

私たちは兵庫県のお客様から年間410件以上

交通事故のお問合せを頂いております(2019年実績)

兵庫県の交通事故に強い被害者側専門の弁護士

神戸市中央区浪花町にある弁護士法人サリュ神戸事務所は、旧居留地・大丸前駅から徒歩約5分、三宮・花時計前駅から徒歩約5分、JR三ノ宮駅または阪急・阪神三宮駅から徒歩8分、元町駅から徒歩5分のビルにあり、アクセス良くお越しいただけます。

お陰様で昨年、兵庫県の方から交通事故のお問合せを年410件以上も頂きました。交通事故の被害にあって納得がいかないことに遭遇していませんか。サリュは交通事故被害者を追い込む理不尽な常識を許しません。交通事故被害者の方に少しでもお役に立てるよう、こだわりの無料相談を実施中です。どうぞお気軽にご相談ください。

〒650-0035 兵庫県神戸市中央区浪花町59神戸朝日ビル11階

全国と同じように兵庫県でも交通事故件数・死者数共に減少傾向

日本における交通事故死者数のピークは1970年で16000人以上となっていました。この前後の期間は第一次交通戦争と呼ばれます。いったんは減少した死者数も第二次交通戦争と呼ばれる1990年ごろに再び1万人を超えます。しかしそれ以降は順調に減少し2000年当時9000人程であった交通事故死亡者数が2015年には約4100人にまで減少しており、2019年には全国で3215人と統計の開始以降最小の人数を記録しました。

兵庫県を見ても交通事故死者数は減少傾向にあり、2019年は前年比14人減、増減率にして-9.2%でした。ただ、人数は138人と全国の水準からすると決して低い方ではなく、2019年においてはワースト4位にランクインしてしまっています。

ただ人数からいくと、人口も比較的多い都道府県ですので致し方ない部分もあり、10万人当たりの死者数は2.52人と全国平均が2.54人であるのに比して、わずかに低い水準を示しています。

令和2年(4月末確定数)の兵庫県の死亡事故発生状況

前年(令和元年)も、その前年(平成30年)に比べてその数を減じた交通事故死者数ですが、4月末の確定数で、前年4月時点よりも3人減少しています。令和元年が40人、令和2年が37人です。また、こどもは元々0人でしたが令和元年には8人いた16歳~24歳の若者の死者が0人と数を減らしています。

これは全国的にも言える事情ですが、令和2年は新型コロナウィルスの感染拡大により家庭内に自粛しているケースが多く、このように例年より4月末、5月末などの時点で減少が大きく見られる数値についてはこどもや若者が外にあまり出ていなかったことが影響している可能性があります。

地区別では阪神、但馬が微増、神戸、阪神、東播磨、西播磨が減少、淡路が前年と変わらず1人です。高速でも2人増えており、一番多かったのが阪神の12人でした。

キーワードは兵庫県警が考案した「こいぬのあしあと」

兵庫県でも、歩行者、自転車利用者の交通事故死者に占める割合が高くなっており、兵庫県警では「こいぬのあしあと」というキーワードを考案し、こどもから高齢者まで、交通事故から身を守る意識を高めてもらおうという取り組みをしています。

「こ」「い」「ぬ」など、それぞれの文字に「い」つものみちでも とまる・みる・まつ(兵庫県警察ホームページ「交通安全関係」「交通安全キーワード『こいぬのあしあと』」より)など交通安全にまつわる文章が書かれており、そのはじめの文字をとって可愛らしい子犬の写真の画像と共に紹介しています。